後藤涼也


Q 社長になったきっかけは?
私は12歳~18歳までゴルフをしており、本気でプロゴルファーを目指して日々練習や大会に出場していました。 16歳の時にはオーストラリアへ1年ほど留学したり、プロの試合に出場したりしていました。 帰国して高校を卒業した年にプロテストを受けたのですが、最終選考会の前で落ちてしまい、それまで全力でプロゴルファーになるために練習をしていたのに、通過点でしかなかったプロテストに落ちてしまい、人生一回目の挫折を経験しました。 私は通過点であるプロテストを一回で合格すると堅く決めていたので、不合格になってしまい、プロゴルファーになるのを諦める選択をしました。 その過程で、ふと自分のこれまでの7年間を振り返ってみたら、なぜそこまでストイックにゴルフに向き合っていたのかに対する答えが見えてきたのです。 それは「活躍してビッグになりたい」「世の中にインパクトを与えたい」という欲求こそがそこまでの気持ちにさせていたのです。 その欲求を満たす方法はゴルフ以外にはないのかと探していた時に、出会った社長がその後の私の生き方を決めました。 その社長は従業員100人以上の年商10億円以上の会社のトップでした。 そんな方がゴルフをしていて、すごく楽しそうだなと思いました。またそれと同時に社長ってかっこいいなと思い、 それからは社長になってゴルフをするということだけを考えて、まずは営業職として社会人経験を経て、その後WEB関連の会社に入り、 一通り準備ができたので、起業したという経緯になります。 ですので、社長になったきっかけは、18歳の時にプロテストに落ちて出会った社長がきっかけで社長になりたいと思いました。 今は、当初の社長に対する憧れや表面的な感情だけではなく、世の中を幸せにする社長になりたいと考えております。
Q どんな仕事をしている会社ですか?
現在は、WEBコンサルティング事業を展開しておりまして、企業様の課題をITを活用して解決していくお仕事をしております。 今後BtoB領域で売上を上げていき、BtoC領域にも参入し、多角的に売上を上げていき 上場を目指して事業を拡大していきたいと考えております。 また事業選定に関しても、世の中を幸せにできるような事業で拡大していきたいと考えております。
Q 成功談を聞かせてください!
7年間ゴルフに本気で取り組んだ結果、自分で考える力やマネジメント力が身についたと思います。 それ以外はまだ何も成功しておりませんので、これからもっと精進して成功談を語れるような人間になりたいです。
Q 失敗談を聞かせてください!
設立から2ヶ月間ほどは失敗の連続で、ほんとにしんどかったです。 ただ、乗り越えられたのは家族の存在でした。家族がいたから乗り越えられました。 失敗について、今でもたくさんの失敗をしておりますが、大きい失敗、小さい失敗、それぞれたくさん失敗することで得られることは非常に多いと感じます。 失敗しているということはチャレンジしているということなので、成功する可能性もあるわけですが、チャレンジをしないとそもそも成功も失敗もしないため、成功するということが物理的になくなります。 私は今後もたくさん失敗し、学び、人間として大きく成長できればと思っています。
Q これから起業する人に向けてメッセージをお願いします!
  • 人生は有限です。だからこそ自分の好きなこと、やりたいこと、得意なこと、を見つけて、人生を楽しむことです。  
  • とにかく志を高く持って、何か目標を見つけて、それに対して一つずつ目の前のことに取り組んでいく。  
  • 成功の数ではなく、チャレンジの数を意識する 
  • 夢を持ち続ける 
  • 家族や仲間、恋人、を大切にする 
  • 何事にも一生懸命であれ 
  • 休みはしっかりとる これが出来れば何をやっても上手くいくと思います。 私はまさにその最中なので、上手くいくと信じ、精進して参ります。 
企業データ
株式会社リエイトは、『身近な人を幸せにして好循環な社会を作る』を理念に掲げ、仲間を幸せにする、恋人を幸せにする、家族を幸せにする、など身近な人を幸せにすることで、自己も幸せになり、結果多くの人々を幸せにすることができると考えています。 そんな好循環な社会を実現し、世の中に貢献できればという想いで活動している会社でございます。 弊社は2016年に立ち上げたまだ1期目を終えたばかりの会社でございます。 現在はWEBコンサルティング事業をメインとして展開しております。 今後BtoB領域で売上を上げていき、BtoC領域にも参入し、多角的に売上を上げていき 上場を目指して事業を拡大していきたいと考えております。
会社名株式会社リエイト
社長名後藤涼也
リンク ホームページ / Facebookページ / Google+ページ / ブログ / Facebook / Twitter / Google+ / Instagram /
インタビュー掲載日:2017年12月5日