行政書士オフィスまナビ 渡辺暁子

Q 社長になったきっかけは?
子どもが生まれたことです。ある程度、自由に時間を管理できる自営業はいいなと思いました。また、働く女性、働くママさんのサポートができる仕事ができたら楽しいだろうと思いました。
Q どんな仕事をしている会社ですか?
主に、保育園の立ち上げ業務を行っております。現在、都市部では「待機児童」という問題があります。子どもが保育園に入れないから仕事に復帰ができない、保育園に入れないから仕事が見つからない、といったママが急増しています。その一方で、人材(社員)を安定的に確保したいという企業があります。であれば、企業自らが保育施設を作り運営をし、従業員の子どもに対して安全・安心な保育をする会社を作りましょう、と提案しています。。保育施設を設置するのには、一定の基準・要件があり、それをクリアしなければなりません。施設の広さ・設備、先生の数、運営に必要な契約書や書類の整備等の確認をし、行政への届出書類の作成、補助金の申請業務を行います。私自身、保育園に通う子どもがおりますので、保育園利用者としての立場からも提案をさせて頂いております。
Q 成功談を聞かせてください!
労働者派遣業を主業務とする企業様の保育園を立ち上げ、会社への女性採用・登録者が増えたと聞いたときは、うれしかったです。現在では、入園待ちの児童が何人もいるとのことです。保育事業の担当者は男性管理職の方だったのですが、女性の能力を高く評価し、もっともっと女性が活躍できる職場を増やすべきだ、との考えでしたので、そのお手伝いができたことは、今の私の励みなっています。
Q 失敗談を聞かせてください!
つい、保育園利用者(保護者)の立場からの意見を強く主張してしまい、熱くなってしまうこと。
Q これから起業する人に向けてメッセージをお願いします!
初めから大きな一歩を踏み出す必要はなく、まずは小さな一歩から始めて、様子をみながらまた一歩、と進んでいけば良いと思います。また、初めから大きな目標を持つ必要もなく(私はそう思っています)、今の自分がやりたいこと、してあげたいこと、してあげられることを思い描いて、発信することが大事だと思います。するとそれに意見や助言してくれる方も現れ、いろいろと話しを聞いていくうちに、自分の方向性も見えてくると思います。その分野の専門家に相談するのも良いと思います。資金が足りないから、信用がないから、、、と自分ではムリと諦めていたことの解決アドバイスがあるかもしれません。まずは小さな一歩から。応援しています!
企業データ
働く女性を応援する行政書士事務所です。
会社名行政書士オフィスまナビ
社長名渡辺暁子
リンク ホームページ / Facebookページ / Google+ページ / ブログ / Facebook / Twitter / Google+ / Instagram /
インタビュー掲載日:2017年7月13日